胃の不快感は副作用?

水色の背景に胃のイラストが張ってある様子
ED治療薬を服用するにあたって、知っておきたい副作用。
頭痛、鼻づまり、動悸などはED治療薬の副作用として有名ですが、症状はそれだけではありません。腹痛、目の充血、血圧低下など、身体に現れる症状は多岐にわたります。

副作用の発症リスクを完全になくすことはできませんが、正しい使用方法でゼロ近づけることは可能です。安全に使用するためにも、ED治療薬の副作用について知っておきましょう。

とくにシアリスは胃腸症状が出やすい
ED治療薬は、副作用として胃の違和感や胃痛を引き起こすことがあります。
特にシアリスは胃腸症状がでやすいお薬。

ED治療薬は血管を拡張させて、筋肉の緊張を和らげる効果があり、この効果は胃と食道の境目にある筋肉にも作用するんです。その結果、筋肉が緩み胃の中のモノが食道へ逆流して、不快感や胸やけなどの症状が現れます。

そこでおすすめなのが市販の胃薬と併用して飲むこと。ED治療薬の吸収を高めるために、治療薬を先に服用してから30分開けて胃薬を服用しましょう。

副作用を抑えるためにできること
副作用が出るリスクをできるだけ抑えたいなら、正しい使用方法がとても大切。
一番少ない量から服用を始めて、効果が得られる適切な量を見極めましょう。どうしても副作用が出てしまう場合は、他のED治療薬を試してみて自分にあったお薬を探してください。

ED治療薬の中にはアルコールの影響を受けにくいお薬もありますが、基本的に飲酒後の服用はNG。アルコールは薬が全身に回るスピードを早め、副作用が強く出てしまう可能性があります。
服用する際は飲酒を避けましょう。

もうひとつ気をつけておきたいのが、グレープフルーツとの併用です。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸という成分は、薬の成分を分解する酵素の働きを弱める作用があります。分解されるはずだった成分が体内に吸収されてしまい、効果が増強され副作用がでるリスクを高めるんです。
グレープフルーツを使ったジュースやデザートにもフラノクマリンは、多く含まれているので気をつけてください。