「飲んではダメ」服用を禁止しないといけない人

手を前に出している

シアリスは、服用している薬・発症している病気によって使用できない場合があります。

併用注意薬は、相互作用をもたらしてしまうので危険です。
・α遮断薬
→主に血管を収縮させる効果を遮ることで、血管を拡張する効果があります。
タダラフィルの成分を含む製品も同じ作用があるため、血圧の減少や血管を拡げすぎてしまい副作用が強くでてしまう可能性も。

・降圧剤
→高血圧の方が使う薬の一種で、血圧を下げるためのものです。
α遮断薬と同じ血管拡張作用があるので、併用すると血圧を下げすぎてしまう恐れがあります。

・CYP3A誘導薬
→タダラフィルの成分をサっと代謝させてしまうリスクがあります。
シアリスは最長36時間も効果が続きますが、代謝が促されると予定より早く薬の効果がなくなるかもしれません。

次は併用禁忌薬を使用している場合は、残念ながら服用できません。
・タダラフィルの成分にアレルギーのある方
・硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン)を飲んでいる方
・可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を服用中の方
・コントロール不整脈、低血圧の方
・心筋梗塞の既往歴が過去3ヶ月以内にある方
・脳梗塞・脳出血の既往歴が過去6ヶ月以内にある方
・重度の肝機能障害のある方
・心血管系障害を有するなど性行為が適切でないと考えられる方

未成年の男性は服用できませんが、結婚している場合であれば服用は可能です。
高齢者で65歳以上の方で服用をはじめる時は、低用量の10mgからにしましょう。
医師と相談しながら服用を開始できる方もいるので、諦めずに前向きに考えてください。
シアリスは、勃起ができずにコンプレックスを抱いている男性の自信を取り戻せる、ED治療薬です。